ネットビジネスを始めたは良いもののなかなか稼げないからやめてしまうという方がいますが、なぜ稼げないのかその理由を調べる人は少ないと思います。
多くの方が結果だけで判断するでしょう。結果だけで判断すると安定して利益を出す糸口を見つけることが出来ないため偶然を頼るしかなくなってしまいます。

理由を探してもいないのに諦めてしまうのはそこにかける時間やお金の無駄になってしまうので中止ましょう。
ネットビジネスは基本的には返金や返品が難しい部類になります。
商品購入時の納品形態がデータということもありますし、ノウハウを一度実践してしまうと内容がわかってしまうのでその時点で商品価値というものはなくなります。

しかし、やむを得ないでネットビジネスが継続できなくなった場合はどうなるのでしょうか。
最近登場したマネーズライクについては当サイトで何度も紹介しているのですが、返金についてはどのような対応になるのでしょうか。また、どういった方法をや手順を踏む必要があるのか私なりに調べてみました。
マネーズライクは返金できるのでしょうか。詳しく説明していきますのでよろしければご覧ください。

マネーズライクは基本的に返金できない!?まずは成果を上げることに集中し、それでもダメなときには相談すれば良い?

まず基本的に、ネット副業は全般的に返金できないものが多い、という認識は持っておいてください。なぜかというと、データやシステム、手法などを提供するビジネスに関してはそれらの転用・盗用ができないように法律が決まっています。平たくいえば、パクリなどを防止するためということです。

マネーズライクも提供されたシステムを用いて作業を進めるタイプのビジネスですから、この例が適用されます。

もちろん返金せずにずっと継続して仕事を行い、利益を増していければ何の問題もありません。まずは仕事のやり方を見直し、何か不備などがないかチェックしてみましょう。場合によっては運営側に仕事のやり方を相談し、最適化をすることを薦めます。本来なら成果が出るものを誤った使い方をしたために返金を考える、というのは、どちらにとっても不幸な結末です。

それでも成果が出ない場合は返金を求めるという流れになると思います。返金も、無理やり取り返せるものではないことを理解いただいた上で、その方法のひとつをお伝えしたいと思います。

マネーズライクに返金を求めていくために必要なものとは何か?

返金は、マネーズライクのHPにも書かれている通り基本的には認められていないものです。それを求めていくわけですから、場当たり的なやり取りではなかなかうまくいかないでしょう。

返金が認められるケースとして考えられるのは、

  1. 利用者がどうにもならない事情で作業を続けられなくなった
  2. マネーズライク側に何らかの不備があった

のどちらかになるかと思います。

1.の場合は個人都合と取られる可能性も低くないですが、なぜ作業ができなかったのか、社会的に通用する理由があれば交渉の余地はあると思います。指示通り作業をしていなかった、ただ作業をさぼっていた、というのでは難しいでしょう。

2.については、「マネーズライク側の言う通りにやったのに何も成果が出なかった」ということを示す必要があります。LINEやメールなど、それまでのやり取りの履歴が目で見えるものがあれば有益な交渉材料になると思います。