過去にネット副業の世界では、詐欺商材が大量に出回ったことがありました。それ以来、新しいビジネスが誕生すると、詐欺ではないか?と疑いを向ける風潮ができているように感じます。

ではマネーズライクの教科書(MRサーチシステム)に詐欺の可能性はあるのか?気になるところだと思います。

個人的には、マネーズライクの教科書(MRサーチシステム)が詐欺の可能性は薄いと思っています。

裏付けと言えるほど強い理由はないですが、まず運営元の情報がしっかり整っていることです。紹介しているホームページから特定商取引に関する表記が見れますが、住所や代表者はもちろん、電話番号やメールアドレスも記載されています。過去の詐欺企業は問い合わせの対応が面倒だからでしょうか、こういった情報を可能な限り伏せる傾向がありました。それに対して、マネーズライクの教科書(MRサーチシステム)に関しては不足した情報はないと思います。

また有料であることをちゃんと明記していることも挙げられます。多くの場合、無料といっておいて客を集めながら後で高い資料を売りつける、というのが手口です。有料であれば、騙すために客を集める必要はありません。ただしその後効果が全く出ないとなれば、消費者センターなどに掛け合う必要が出てくると思います。

以上から、マネーズライクの教科書(MRサーチシステム)は詐欺ではなさそうというのが私なりの結論です。

どうしても不安であれば電話やメールなどで直接問い合わせるのが早い!

皆さんの中には、いくら運営元の情報や金額に関する情報が整っていても詐欺の不安は拭い切れない、という方もいると思います。

そういった方は、ぜひお電話やメール、LINEなどで運営元のスタッフと話をしてみることをおすすめします。電話なら相手の声が聞けたりその反応についても窺い知ることができますし、メールやLINEであればその対応やレスポンスの速度などで、その温度感というものを知ることができます。

マネーズライクの教科書(MRサーチシステム)は、上記3つの問い合わせ口が設けられているので、ご自分の都合のよいアプローチ法で一度試してみてはいかがでしょうか。その結果やはり不安だ、というのであれば止めておいたほうがいいでしょうし、もしかしたらモヤモヤしていた部分が晴れるかもしれません。

ネットビジネスに限らず、実際に問い合わせをするのは、そのビジネスの信用度を調べるには有効な手段です。詐欺を働くような企業は問い合わせ自体を嫌ったり、面倒がって手数をかけないようにする傾向が見えます。