ネットビジネスを始めるなら初期費用が低い方が良いと考えている方もいるのではないでしょうか。

確かに出来るだけ低コストで始められるならメリットも大きそうですが、実は副業に限っては初期費用が少ないからという理由だけで選ぶと損をする可能性があります。

初期費用の少ないビジネスの代表格であるポイントサイトはパケットを除き実質ほぼ0円で始めることが可能です。

ポイントをためて商品券や換金することで収入を得る事も出来ます。

しかし、ポイントサイトは収入が少なかったり、交換できるポイントや金額の最低金額があります。

また、交換する期限があったり1日で貯められるポイントが少ないという場合もあるようです。

そのため副業として望める収入はひと月で多くて2万円くらいがいいところでしょう。

「もっと稼ぎたい、月に数十万の収入が欲しい!」という方は初期費用だけで判断するのではなく、しっかりと稼げる副業を選ぶようにしましょう。

当サイトでは最近登場したマネーズライクというビジネスに注目し、副業としてどうなのか、どんな口コミがあるのかだ毛でなく評判や評価について調べています。

この記事を作る前に一度マネーズライクライに関するまとめ記事を作っていますので詳しく見たいという方は下記からその時の記事を覗いてみてください。

マネーズライクの教科書(MRサーチシステム)でコツコツ稼ぐ?努力を積み重ねる事が大事!?

実はこのマネーズライクは通常であれば定価で24,000(税込み)のところマネーズライク公式LINEに登録すること12,000(税込み)と初期費用を抑えることが出来るんです。

そうなると気になるのがマネーズライクの初期費用は他のビジネスと比べて高いのか安いのか、また、初期費用として他にかかるものがあるのかという事だと思います。

この記事ではマネーズライクの初期費用をテーマに様々な角度から調査した結果をまとめて報告していきたいと思います。

マネーズライクの初期費用について知りたいという方は是非この記事を最後までご覧ください。

マネーズライクは初期費用が安くなっている今が狙い目

マネーズライクはLINE登録を経ることで初期費用が12,000円(税込)に割引される、という話をしましたが、これは恒久的なものではない可能性があります。

マネーズライクに限らず、ネットビジネスの初期費用がお得になるキャンペーンは他のビジネスでも見かけることがあります。

ただそれは期間限定のものが多く、マネーズライクは2020年に生まれたばかりのビジネスということで、ある程度起動に乗ってきたら金額が変わる可能性もゼロではありません。

逆にもっと安くなる可能性もあるかもしれませんが現状で半額となっていることを考えれると、これ以上の割引を期待するよりは、マネーズライクをやるのであれば今が狙い目だと思います。

またキャンペーンの詳細についてはマネーズライクの公式HPでも確認できます。新しい情報は常にそこで更新されているので、詳しくはHPから情報を集めるのが良いでしょう。

マネーズライクでは初期費用+αが返ってくる可能性がある?

初期費用が12,000円でも高いと感じる方もいるかと思いますが、現在マネーズライクでは1円も収入が出なかった場合は20,000円をバックしています。

金額プラス時間を返還する、といった意味合いなのかもしれませんが、初期費用よりもさらに高い金額を返還するというのはあまり耳にしたことがありません。

ただ何もしていないのに20,000円がバックされるとは考えづらく、また1円でも稼ぎが出たらそれが無くなるのかなど不明点も多いので、気になる部分は直接マネーズライク側に確認したほうが良いでしょう。

ネットビジネスにおいて、初期費用はあまり重要な決め手ではありません。安いから質が悪い、高いから質が高いというものではなく、仕事の中身がその人に合ったものかどうかが何よりも重要です。

それでも不安がある、という方にとってはこの20,000円バックはありがたい措置だと思います。事前に条件などを確認する必要はありますが、このサービスを利用しない手はないと思います。

初期費用が要らない仕事の特徴にはどういう要素がある?

ネットビジネスの中には、初期費用が不要、つまり無料でできるものもいくつか存在します。

副収入を得るためのものに初期費用を払うのは馬鹿馬鹿しいと思う人はそちらを選ぶ人もいると思います。

ただ無料のものには、それなりの理由があります。

無料で始められるネットビジネスの特徴は大きく2つに分けられます。

まずひとつは、手にできる収入額があまり多くないことです。

全体的に単価が安いものが多く、ひと昔前の副業のような、小さな作業を積み重ねて小銭を稼ぐ、といったような仕事です。

それが性に合わないという人は、きっと長くは続かないと思います。

例えばポイントサイトなどがその例に当たるでしょう。

ポイントサイトはスマホを使って専用のサイトに登録しポイントをためます。

貯めたポイントは商品券や現金に交換できるので初期費用をかけたくない方には良いでしょう。

しかし、その分ルールや制約があるケースもあります。

貯めたポイントを交換するには最低ポイント数というのをクリアしていないといけない場合もあります。

500ポイントから交換とか、ポイントを交換できる期限が決まっていたりなど条件があるケースもあるので確認しましょう。

もうひとつの特徴として、収入から手数料が引かれるということです。

最初の単価の安さに通じる部分でもあるのですが、運営企業側の利益はそこで発生しています。

ただでさえ安い仕事から、さらにいろいろ引かれるわけです。

クラウドソーシングがその例に当たるでしょう。

クラウドソーシングは企業や依頼主が仕事を一般の方に依頼して納品し報酬を受け取るというものです。

登録に費用がかかるということは無かったと思いますが、システムを利用するためには費用がかかります。

それはシステム利用料という形で報酬から引かれて渡されるのでこちら側でお金を振り込んだりすることが無いようです。

限られた時間である程度まとまった収入を稼ぎたい、という方は、無料のものよりは初期費用があっても有料のものを選んだ方が、後々稼げることになるかと思います。